Opening hours: 水曜日 〜 日曜日 10時 〜 18時半

株式会社 清光教育総合研究所

沿革

平成7年

社会人・学生対象の学習教室として創業。

平成10年

社会人を対象とした大学再入学支援講座を同教室にて強化。

平成13年

同年、小泉改革の一環としての「大学改革」を背景に、社会人のリカレント教育を文科省が推進。

MBA・臨床心理士・法科大学院 などのいわゆる、社会人専門職大学院・大学院大学の設置認可ラッシュを後押しする形で、社会人の大学・大学院再入学を専門とする清光編入学院を大阪市北区に開設。

平成18年

薬剤師法と学校教育法の改正により6年制薬学部への移行、四年制薬学部の廃止 によって、薬学部編入学試験制度・社会人入学制度が中止されることにより、入試制度はもとより6年制薬学部の完成年度までの移行期間における、学内進級制度・留年規定・卒業認定制度・国家試験等において現場での混乱が長期化。

平成19年 株式会社 清光教育総合研究所 法人設立

これらの諸問題に対し、学外支援を必要とする学生が急増したことを受け、入学試験からリメディアル・進級試験・国家試験まで、薬学部生活で起こりうる全ての問題を解決する専門部署を立ち上げる。

その後、医学部・歯学部・薬学部・獣医生を中心に学生のニーズが入試から学内での支援に移行。
同年に行われた東北大学設立百周年記念事業において、関西支部長を勤めていた社長の人脈により、現役大学教員・OB教授など、ベテラン専門教員を動員し、学生諸氏の要望に合わせた講座を展開。

多言語対応も充実し、在日留学生・在外日本人学生に対応した遠隔成就システムの導入を開始。

当時、国内では草分けとなるインターネットを用いた授業配信システムを研究していた東北大学ISTUに所属していた社長の考案により、テスト自動採点システムの実証実験を開始。
当時の留学生・研究者仲間と国際情勢の時事問題をコンテンツに用いた実証実験を開始。

平成22年

自動採点システムを用いた国際情勢テストについて、欧米の通信社・IT技術者等と議論が始まる。

平成25年

自動採点システムのプロトタイプが完成  学校・企業において実証実験を開始。

平成27年

国際情勢教育の在り方・高等教育としての国際情勢テストの在り方について幅広い知見を集めるため、フランスに駐在所を設置 調査研究活動を
本格的に開始。

平成30年

業務拡大に伴い、現在の大阪市中央区に移転。
将来の教育資源拡充の一環として、研究部門を設置。

令和2年

Covid-19により、ほぼ全ての授業をオンラインとすることにより、5G時代の新しい遠隔授業の在り方について研究を開始。

令和3年

各国の専門家の技術を集結した多国籍チームを結成。
新しい教育インフラシステムの構築に向けた実証研究を開始。
インターネットを用いたシステム・ウェブサイト・SNSなどを効果的に組み合わせた各種サービスの開発部門を設置。
学校法人・医療法人・製薬会社・各種研究機関を専門としたITソリューションを提案。

イタリア若手技術者との共同開発研究を機に将来を見据えた教育・報道・研究・広報・自治体サービスなどあらゆる分野における新たなITプラットフォームの研究開発に着手。