モバイル iBT事業

学生の端末を活用した、ユビキタス型 iBT


学生の手持ちのスマートフォンを活用し、紙媒体でのテスト以上に精度の高い学力考査が信じられないほど容易に、しかも瞬時に、より正確に実施することができます。

 

ペーパーテスト運営時の問題用紙印刷、輸送、配布、受験ガイダンス、試験監督、答案回収、輸送、採点、成績データ処理、統計処理、合否判定、成績証明書出力、印刷、封入、発送から管理までの一切の付帯業務を瞬時にクラウドにおいて完了させることができます。

 

例えば、同時に500万人が受験する超大型テストであってもストレスなく携帯端末で受験できます。テスト運営者の労力は限りなくゼロに近づきます。従来のiBT試験のようにパソコンを使用することもありません。